火星地表の凹凸図(強調)でクラーク「火星の砂」を訪ねる

火星表面の色合いは地形の高低と無関係なのでマリネリス峡谷とかオリンポス山とかの地物が判別できない。かといって標高色分け図だと大シルチスとかサバ人の湾とか地表の模様に基づいた地名との関係がわからない。ということで火星カラー画像とMOLAレリーフの合成図を作ってみた。 次に、クラークの「火星の砂」(原題"Sands of Ma…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TRAPPIST-1

みずがめ座の方向、太陽系から約39光年離れた小さな赤色矮性TRAPPIST-1のの表面温度からスペクトルを描いてみました。かなり暗いのと放射の大部分が赤外線なのがわかります。 TRAPPIST-1の基本データ ウィキペディア日本語版 https://ja.wikipedia.org/wiki/TRAPPIST-1 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more