TRAPPIST-1

みずがめ座の方向、太陽系から約39光年離れた小さな赤色矮性TRAPPIST-1のの表面温度からスペクトルを描いてみました。かなり暗いのと放射の大部分が赤外線なのがわかります。

画像
画像


TRAPPIST-1の基本データ
ウィキペディア日本語版
https://ja.wikipedia.org/wiki/TRAPPIST-1
Wikipedia英語版
https://en.wikipedia.org/wiki/TRAPPIST-1

TRAPPST-1と太陽系の惑星のサイズの比較
NASA Photojournalより。PIA21428: TRAPPIST-1 Comparison to Solar System and Jovian Moons
http://photojournal.jpl.nasa.gov/catalog/PIA21428
画像



TRAPPST-1と太陽系の惑星のサイズの比較
太陽よりもむしろ木星との比較の方がわかりやすいほど小型の恒星です。
Seven Earth-sized planets found orbiting nearby red dwarf star(http://newatlas.com/seven-earth-exoplanet-red-dwarf/48056/)より
画像


太陽系の内惑星軌道との比較
Seven Earth-sized planets found orbiting nearby red dwarf star(http://newatlas.com/seven-earth-exoplanet-red-dwarf/48056/)より
画像


木星系軌道との比較
Seven Earth-sized planets found orbiting nearby red dwarf star(http://newatlas.com/seven-earth-exoplanet-red-dwarf/48056/)より
画像


星系の軌道とハビタブルゾーン
Seven Earth-sized planets found orbiting nearby red dwarf star(http://newatlas.com/seven-earth-exoplanet-red-dwarf/48056/)より
画像



ハビタブルゾーンでの位置づけ
http://phl.upr.edu/projects/habitable-exoplanets-catalog?utm_content=buffercc9ef&utm_medium=social&utm_source=twitter.com&utm_campaign=buffer
図の縦軸は主星の表面温度、横軸は天体からの単位時間・面積当たりエネルギー(フラックス)です。TRAPPIST-1をめぐる惑星は、主星の温度が低いため、図の最底辺にプロットされています。地球や金星、火星は、温度6Kケルビンあたりの高さに何ランでいます。
ニュースではTRAPPIST-1e,f,gがハビタブルゾーンに入っていると報じられていますが、この図を見ると、主星に一番近いeでも地球よりも寒いようです。
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック